ワードプレスのPing送信を最適化してくれるプラグイン【WordPress Ping Optimizer】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事の所要時間: 145

こちらの記事でも紹介していますが、ワードプレスのPing送信については基本的にスパム行為に繋がりかねない仕様となっているため、対策をする必要が出てきます。その際、プラグインで対策をすることができますが、その対策ができるのが今回紹介する「WordPress Ping Optimizer」というプラグインになります。

インストール

ワードプレスのプラグイン新規追加より、「WordPress Ping Optimizer」で検索すると、同じ名称のプラグインが表示されますので、今すぐインストールをクリックします。インストール後、有効化をすることで、「設定」メニューの中に専用のメニューが表示されます。

設定

有効化すると、設定メニューの中に専用のメニューが表示されますのでそちらをクリックすると、設定画面が表示されます。

使い方

設定画面のテキストエリアへPing送信したいURLを1行に1URLで設定をします。(あらかじめPing送信先一覧を用意しておき、コピー&ペーストとすると楽です。また、ブログ村やブログランキングのようにブログごとに専用のURLが存在する場合は、テキストエリアの上部に記述することをおすすめします。

注意事項

ワードプレス本来のPing送信機能を改善するプラグインになるので、注意すること自体は特にありませんが、設定項目にもあるように、Ping送信自体が短期間に何度も送信することになると、最悪の場合スパム判定をされてしまい、Ping送信先が該当サイトからのPing送信を受け付けてくれなくなる可能性がありますので、適切に送信できるようにしましょう。

まとめ

Ping送信を効果的に行えるように、「WordPress Ping Optimizer」を導入してPing送信を管理していきましょう。特に初期状態のワードプレスでは1つの記事に対して何度もPing送信を行ってしまう可能性が出てきますので、ワードプレスを設置したら「WordPress Ping Optimizer」を導入することを推奨します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA