ワードプレスはトラブルメーカー!ワードプレスがおかしくなってしまった時にチェックする内容のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事の所要時間: 315

ワードプレスはHTMLサイトと違い、データベースと連携して稼働する仕組みですので、何かとトラブルにあった際、対処方法がわかりにくい点があります。というより、おそらくプログラマーじゃないと対処のしようがなく泣き寝入り状態かなと思います。(実際に私にも定期的に相談があります)

とはいっても泣き寝入りばかりでは大切なサイトの復旧もできませんので、今回の記事ではワードプレスにトラブルがあった際に何が原因なのか、またできれば復旧までできるように対処方法を覚えていきましょう。

ワードプレスをデバッグモードにする

はい、デバッグモード発動!!(しゃきーん)

とかっこいい感じなのは置いといて。ワードプレスにはデバッグモードというのが存在します。(もちろん通常はOFFになっています)このデバッグモードをONにすることで、画面上になにが問題なのかエラーを出力することができるようになります。

デバッグモードにするためのコードは下記。

 

これで画面上になんらかのエラーが出力されるはずです。(画面が真っ白状態で、もうお先真っ暗状態もこれで明るくなります)

とはいえ、この状態のままでは自分だけではなく、デバッグモード状態のワードプレスへアクセスしてきた人全員に表示されてしまうことになりますので、訪れた人にとっては「なんじゃこのサイトーーー!!」ともう鬼のような早さで閉じるボタンを押されてしまうことうけあいです。

ですので、デバッグモードにはするけどエラーメッセージはサイトに表示させないようにしたいわけですが、それが下記のコードになります。

 

これでサイト上にはエラーが表示されず、全てログファイルへ表示されるようになります。ログファイルの出力先は、wp-contentフォルダ直下にdebug.logというファイルがなければ自動的に生成されその中に追記されていきます。もし出力されない場合は、wp-contentフォルダの中に debug.logという名前のファイルを作成してください。

無事debug.logファイルが生成されたらあとはそのファイルをダウンロードし、パソコンのテキストエディタなどで開き中身を確認します。エラー内容については実際に見てみないとわかりませんが、とりあえず一番多いパターンとしてはプラグインの干渉になるかなと思います。

 

上記のエラーはプラグイン「backWpUp」というワードプレスのバックアップをしてくれる便利なプラグインがあるのですが、それの一部で致命的なエラーが発生しているため、それ以上の表示がされないというものになります。

今回はたまたまワードプレスの管理画面側のトラブルだったのでサイトの表示自体には問題はありませんでしたが、このエラーの影響で管理画面の左メニューだけが表示されている状態で、トップバーとか各メニューのメイン表示(右側)に関しては全く表示されないという状況でした。

このままだとエラーが出たままでどうしようもできませんのでFTP接続をし、wp-contentフォルダの中のplugins フォルダの中の該当プラグインフォルダを丸ごと削除して解決しました。

このようにデバッグモードにすることで、何が原因かを特定できワードプレスにおきたトラブルを解決することもできるようになります。もちろん表示される内容は基本的にPHPというプログラム言語に関連する内容なので、PHPがわかっていないと全てを理解することは難しいですが、このようにエラーログを出力することである程度原因を特定することもできますので、ぜひ覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA