良いところばかりじゃない!ワードプレスにはデメリットもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事の所要時間: 439

ワードプレスのメリットをあげるときりがないですが、当然良い所もあれば悪いところもあるわけで、ワードプレスにもデメリットというものは存在します。これは人それぞれ考え方持ちがいますので、あくまでも私個人の見解となりますので、その辺はご了承ください。

それでは個人的に思うワードプレスのデメリットとは、、、

 ワードプレスのデメリット

  • ワードプレスの設置が大変
  • データベース(MySQL)が必要
  • ワードプレスで作成したサイトのサーバの引っ越し
  • オリジナルのブログシステムなので覚えるのが大変
  • 細かい部分まで触るにはプログラムの知識が必要
  • テーマやプラグインが豊富にあるため何を使えばいいのかわからない

 

他にもありそうですが、思いつきそうなのはこんな感じかなと思います。確かにこう見るとワードプレスのサイトを構築するには、専門的な知識が必要であったり、色々と覚えることもたくさんあってややこしそう・・・なんて思ってしまうかもしれませんね。

でも今は大丈夫です。1つ1つ補足していきましょう。

ワードプレスの設置が大変

以前はワードプレスの設置というと、ワードプレス本体を公式サイトからダウンロードしてきて、サーバにデータベースを作成して、ワードプレス本体のファイルをサーバにアップロードして、初期設定ページにアクセスして、データベースと連携して…とこれだけ聞いてもうんざりするようなことを一から行わなくてはいけませんでした。

現在ではほとんどのレンタルサーバでワードプレスの「簡単インストール」や「クイックインストール」、「自動インストール」といった機能が標準装備していますので、文字入力とクリックさえできれば、専門的な知識がなくても誰でも簡単にワードプレスの設置ができるようになっています。

データベース(MySQL)が必要

これはワードプレスを設置するには必須ですが、レンタルサーバであれば画面に表示されている内容を実行していくだけで簡単にデータベースは作成できるので問題ないと思います。

気をつけなければいけない点としては、レンタルサーバのプランによってはデータベースの提供が無いものもありますので、その点は契約するプランの詳細などを確認し、データベースが提供されているかを契約前に必ず確認しましょう。

メジャーなレンタルサーバでいえば、ロリポップサーバーやさくらサーバーなどがありますが、ロリポップサーバー言えば一番安い「コロリポプラン」、さくらサーバーであれば「ライトプラン」はデータベースの提供がありませんので、契約してもワードプレスの設置ができません。注意しましょう。

ワードプレスで作成したサイトの引っ越し

ワードプレスはHTMLで作られたサイトとは違い、前述しているようにデータベースと連携したシステムのため、一度設置したワードプレスを引っ越す(ここでいう引っ越しというのはサーバーの変更のようなもの)というところで見ると、かなり大変になっています。

ワードプレスは基本的に、管理画面から登録した投稿記事や固定ページ、サイトタイトルなどの設定はすべてデータベースに保存されています。また、管理画面からアップロードした画像や動画といった物理的なデータはFTP上(サーバ上)に保存されます。

手っ取り早くワードプレスを引っ越ししたいのであれば、

  • 管理画面のツールメニューからエクスポート(投稿や固定ページなどのデータ)
  • FTPでサーバに接続してwp-contentフォルダの中のthemes,plugins,uploadフォルダをダウンロード

をしてもらうことで最低限のデータは引き継ぐことができます。また上記は定期的に行うことでバックアップにもなりますのでおすすめです。

バックアップをとるためのプラグインも色々とありますので、また別枠で解説したいと思います。

オリジナルのブログシステムなので覚えるのが大変

アメブロやはてなブログのような既存のブログサービスと違い、ワードプレス自体はオリジナルのブログシステムですので当然ですが、使うまで覚えるのが大変です。ただこれについてははじめて何かをするという時はなんでもそうだと思いますので、少しずつ使い方を覚えつつワードプレスのサイトを構築していってもらえれば良いのではないかと思います。

細かい部分まで触るにはプログラムの知識が必要

ワードプレスはPHPというプログラミング言語で作られているシステムですので、細かいカスタマイズをしようと思ったらPHPを覚える必要があります。とはいえ、普段の記事投稿などについては全くそういったプログラムの知識は必要ありませんので安心してください。

あくまでもテンプレート(テーマ)の内部を触ったりとか、プラグインの修正などを行うときに必要となってくることになります。

テーマやプラグインが豊富にあるため何を使えばいいのかわからない

ワードプレスは世界中のデザイナーやプログラマーによってたくさんのテーマ(テンプレート)やプラグインが用意されているため、何を使ったらいいのかわからない・どれを選択すればよいかわからないという贅沢な悩みもあります。

これについては、当サイトでもおすすめのテーマやプラグインを随時紹介していますので、1つの参考にしていただければ良いと思います。

 

このようにワードプレスには贅沢な悩みも含めてデメリットも存在していますが、触っているうちに理解できるようになっていきますので挫折せずに頑張っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA